目的と用途に合った名前入りのはんこの重要性

万能アイテムの名前入りはんこ

長い人生の中で自分の名前が彫られたはんこを使用するシーンは多々あります。用途や目的は様々であり、使用目的に合ったデザインと使用方法で名前を記載する煩わしさから逃れることが可能です。ここでは名前のはんこの種類や特徴についてご紹介します。

子供の学校で大活躍のはんこ

子供が幼稚園や小学校に入学する際には、数多くの持ち物を用意しなければなりません。加えて全ての持ち物に名前を書いてくるよう指示を受けます。鉛筆やノートなどの文房具をはじめ体操着や給食袋と膨大な量の持ち物があり、全てに手書きで名前を記載するとなると一苦労です。しかし名前のはんこを利用することで手間が省け、難なく準備することができます。名前のはんこには単品の他にセットになったものも販売されています。セットのものは数多くの大きさが揃っているので文房具などの小さな持ち物にも使用できるのが特徴です。さらに表記やフォントの選択も大切です。学校から指定される場合はそれに従わなければなりません。また特に指示がない場合は年齢に合わせた表記を選択しましょう。

社会人に必須の名前はんこ

社会人になり会社で働くようになると、必ずと言っていい程名前のはんこが必要です。特にデスクワークを中心とする事務作業に携わる場合、日々名前入りのはんこを押す機会があります。社内資料は勿論のこと、作成書類や承認印と様々です。またデスクワーク以外の職業の場合も年末調整や申請書などで必要となるため無関係ではいられません。使用する度にインクを着けてから押すシンプルなものや、キャップ部分にインクがセットされていて蓋を空けると直ぐに使えるものがあります。そして内部で回転式になっているものは中にインクを足して使えるので便利でありながら長く使い続けることが可能です。使用頻度が多い場合はインクを着ける必要がないはんこを選択することで効率良く仕事を進めることができます。一方あまり使用しない場合は値段と相談して決めるのが良いでしょう。

カラー選びの重要性

名前のはんこを押す際に注意しなければならないのがインクの色です。会社で使用する場合は一般的に赤や黒のインクが多く用いられており、その他のカラーはほとんど見られません。一方幼稚園や学校で使用する場合は用途に応じたカラーを選択することが重要です。例えば体操着などの白い物に押す場合は黒インクが良いでしょう。しかし文房具や給食袋などの記名する対象物が白でない場合、対象物に適したカラーを使用しないと見えづらくなり、名前を記載する意味がなくなってしまいます。薄い色の場合は濃い色のインクを、逆に対象物が濃い色の場合は白などのインクを用いて際立たせることが大切です。はんこを押す場合はいずれの場合も目的に合った認識しやすいカラーを選択しなければなりません。